【家でも簡単に出来る】時計の洗浄方法まとめ

ライフハック

時計は毎日つけるもの。

どこかで綺麗にしなくちゃ…と思ってもなかなかどうしたらいいかわからない方もいるのではないかと思います。

服などと違って金属で出来ているものなので、ついつい「まだ大丈夫」と思ってしまいがちな時計。

いつまでも綺麗に保つために、メンテナンスはしっかりとしておきたいものです。

その方法をまとめてみました。

時計の汚れチェック

毎日つける時計はとても汚れるもの

前提として、綺麗に見えてる時計でも、実はとても汚れています。

特に夏場はとても汗をかくので、金属製のブレスをよく見ると細かいカスのようなものが詰まっていませんか?

見た目の汚れがひどい時には、腕時計のベルト部分を洗ったり、濡れたタオルで拭いたりすることはしますよね。

しかし、腕時計の汚れはベルトを含め、見えない汚れも多いものです。

肌に直接つける腕時計は、外からの汚れだけでなく、皮脂が汚れとしてたまってしまいます。

目にみえる汚れも大切ですが、見えないところも汚れている、という認識を持ち常日頃から気をつけておいた方がよいですね。

シャツの袖口が汚れてませんか?

綺麗に洗っているはずのシャツなのに、1日の終わりに袖口がとても汚れていることはありませんでしょうか?

汚れがあるのが片方の袖口だけで、その片方が腕時計をつけている手のほうなら、腕時計の汚れが原因であることが考えられます。

特に、汚れのたまりやすい金属ベルトの腕時計に多く見られます。

革ベルトの腕時計では、ケースの汚れが袖口に移ることが多いようですね。

ひどい汚れの場合には、汗をかいた手首の皮膚に黒い汚れが付くときも…。

そうなる前にケアをしておきたいものです。

時計をしている箇所にかぶれが出る

腕時計をしている手首に、ある日突然荒れやかぶれなどが起こったら、それも腕時計の汚れが原因になっていることも考えられます。

汗っかきな私は過去に一度すごいかぶれてしまったことがありました。その時のベルトはとても汚かったです…

革ベルト・金属ベルトに蓄積された汚れだけでなく、ケースの裏側の刻印やケースとベルトのつなぎ目などにたまった汚れが原因のこともあります。

それって金属アレルギー?
ちなみに、夏場の汗をかいた時のあれやかぶれなどは、金属アレルギーの可能性もあります。
金属アレルギーは、ある日突然発症するので、腕時計を洗浄しても治らないなら、アレルギーの可能性も考えましょう。
チタンでできたベルトは、アレルギーは少ないとされています。
もしくはNATOベルトや革ベルトにするという選択肢を考えてもいいかもしれません。

【エレガントな表情を】革ベルトの魅力って?メリット・デメリットまとめ

時計の洗浄に関して

時計の洗浄にかかる値段

大切な腕時計の洗浄…お店にお願いするという選択肢もあります。

こちらのサイトで記載されているものでは、革ベルトで3000円、金属ベルトで4000円ほどでした。

分解を伴わない一般的な洗浄であれば、3000円ほどから腕時計の洗浄してくれるお店がありそうです。

たかが洗浄と思うでしょうが、大切な腕時計は数か月に一度しっかり洗浄するのが良いかもしれません。 お店によっては磁気帯びの検査もしてくれるところもあるそうです。

時計の洗浄を自分でする場合

防水の腕時計ならば、自分で洗浄するのも比較的簡単にできます。

ベルトを外せる革ベルトの腕時計と金属ベルトの腕時計の簡単な洗浄方法をご紹介します。

どちらのタイプの腕時計も、洗う前には防水であることと、各リューズがしっかり閉まっていることを確認しましょう。
革ベルトの腕時計の簡単な洗浄方法まとめ
① 革ベルトをはずす。
② コップなどの容器にぬるま湯を入れて、中性洗剤(台所用食器洗剤がおすすめ)を少し垂らす。
③ ベルトをもみ洗い。
④ 綺麗なぬるま湯で丁寧にすすぐ。
⑤ 直射日光の当たらない、風通しのいいところで2日間ほど陰干し。日光が当たると、皮がひび割れてしまうので注意!
⑥ エタノールで消毒。乾いた布できれいに拭く。
⑦ 革製品用の保湿クリームなどで保湿するとよりいいでしょう。

財布などのメンテナンスに使っていますが、このクリームはかなりおススメです。

金属ベルトの腕時計の洗浄方法
① ベルトとケースの裏などを中心に、中性洗剤を少量使って歯ブラシでこする。
② より綺麗に仕上げるためには、「メガネのシャンプー」をケース以外のところに吹きかけて5~10分ほど放置するのも◎。
③ 歯ブラシや洗剤で取り切れなかった汚れは、つまようじや綿棒で優しくかき出す。
④ 容器にいれたぬるま湯でやさしくすすぐ。水道からの流水にはさらさないように注意!
⑤ 吸水性の高い布やタオルで水をとる。
⑥ 弱風で腕時計から離して、ドライヤーで乾かす。

「メガネのシャンプー」はこういうものです。ほかにも手軽に汚れを落とすスプレーもあります。

仕上げにクリスタルガードをするのもおススメです。

家で出来る削らない「ポリッシュ」? クリスタルガード・クロノアーマーを使ってみました!

金属ベルトの汚れには入れ歯洗浄剤
金属ベルトがなんとなく曇って見えるほどの汚れであれば、入れ歯洗浄剤を使うと劇的に綺麗に仕上げることができます。
① ケース部分が濡れないように、ラップで包むか、可能ならベルトを外す。
② コップに水を入れて、錠剤を溶かす。ケースをつけたままベルトを洗浄するなら、コップの上まで水がくる小さめのコップを選ぶのが◎。(紙コップなど)
③ ケースが付いたままの腕時計は、2本の割りばしに通してコップのふちに割りばしをかけるなどケースが濡れない工夫をして、ベルト部分だけ②の水につける。
取り外したベルトは、そのまま②の水につける。防水の腕時計でも、潜水用でなく日常生活用防水なら、水につけることは念のため避けましょう。
④ 30分ほどつけ置き。
⑤ 時間がたったら、タオルなどで水をふき取りドライヤーで乾かす。ドライヤーを近づけすぎないように気をつけましょう。

入れ歯洗浄剤は安い物でいいでしょう。

もしくはこういった超音波洗浄機もいいかもしれませんね。

まとめ

大切な時計を綺麗にする方法は色々ありますが、まずは家で出来る洗浄から試してみるのはいかがでしょうか。

手軽に綺麗に出来る方法なので、やり方をしっかり守っていれば大丈夫だと思います。

いつまでも綺麗にしておくために、普段から出来ることをしておきたいものですね。