【500万になるのはいつ?】これからの16520 デイトナの相場を予想してみる

ロレックス相場

時計は経済の影響を受けて価格が変動します。

ロレックスなどの人気ブランドは特にその影響を受けるものです。

他にもモデルの人気によって価格は変動しますが、「ロレックス デイトナ 16520」は製造終了から20年経った今なおかなりの人気で価格は上昇傾向。

レアモデルも多く、常に話題の中心。

ここからデイトナの価格はどのようになっていくのでしょうか。

誰もその答えは分かりませんが、過去の価格変動などを見て予想してみたいと思います。

今買いたいロレックス④ デイトナ16520

基本的に上昇?

時計の価格は供給率(人気)、為替の状況などで大きく変わっていきます。

デイトナは現行モデル「116500LN」の人気もすさまじく、現在の並行店での売値は定価の約2.4倍ほど。

【GMTマスターⅡ116710LN急上昇】ロレックス 人気スポーツモデル 相場まとめ 8/1

過去モデルの価格は現行モデルの人気によっても大きく変動します。良い例がGMTマスターⅡでしょうか。

16520は製造終了しているので、新たな供給がなく需要のみが高まる図式。

経済的に大きな打撃であったリーマンショックやコロナのような事件がなければ基本的には上向きです。

現在の16520の相場

現在(2020年8月)の相場はおおむね以下のようになっています。

トケマー掲載分を見てみると、販売しているのはU番保証書有で278万、未使用デッドストックA番で400万となっています。

2020年7月 U番 278万
2020年7月 A番 デッドストック 400万

SOLD OUTの方を見てみるとA番保証書有で299万ですね。

楽天では黒文字盤A9番保証書有が295万で出てますね。これはそう時間もかからず売れるのではないでしょうか。

今の相場感を見ると保証書有U番で280万前後、A番で300万前後という感じですね。

コロナによる経済ダメージが大きかった4月末頃は270万のA番でも市場に残っていたので、ここ数か月で確実に相場は上向きになっています。

2021年の相場は?

では1年後、2021年8月頃はどうなっているのでしょうか?

まず2019年から2020年までの1年間の価格の動きを見てみたいと思います。

(色んな型番を考慮するとごっちゃになるので、ここではA番で文字盤の色は考えないものとします)

サンプル数が少ないですが…

2019年9月 A7番 293万
2019年12月 280万

2018年はというと…

2018年1月 A7番 268万
2018年6月 A9番 305万
2018年8月 A3番 280万

この2年は大きい価格の動きはそんなにありませんね。(もちろん時計の状態によって変動はありますが)

最近の値動きから想像すると、大きな経済的事件がなければ1年後、2021年8月頃はA番で300~320万という感じでしょうか。

コロナ禍の現在でもこの相場状況なので、コロナ問題が終息を迎えれば一気に跳ね上がりそうです。

ここから数年の相場は

ここから先の相場はどうなっていくでしょうか。

トケマーに残っている一番古いデータの16520 保証書有の物は3年前、2017年のものでした。

2017年12月 A4番 307万

これだけ見ると近年とそこまで変わっていないように見えますね。

こちらのグラフを見てみると、非常にわかりやすく推移が見れます。

引用:ロレックス買取応援団

2016年終わり頃、2017年から大きく値を上げています。

ここは現行モデル「116500LN」のデリバリーが開始され、少し後のタイミング。

特に目立ったきっかけは無かったと思うのですが…

このグラフを見るに2015年は200万円に届かないくらいですが、色々調べてみたところ大体120~150万ほど。

ここから単純に5年で約2倍になっている計算です。

もちろんこれは新モデルが出たことに起因する価格変動。 ここ数年で「116500LN」がモデルチェンジする可能性もなくはないですが、望み薄でしょう。

歴代デイトナの製造期間

・初代 6241、6239 1963~1970年 約7年

・2代目 6264、6262 1965~1970年 約5年

・3代目 6263、6265 1970~1988年 約18年

・4代目 16520 1988~2000年 約12年

・5代目 116520 2000~2016年 約16年

・6代目 116500LN 2016年~現在

ここ最近のデイトナは短くても10年以上は製造されています。

もしモデルチェンジ、ということになればすごいニュースですね。

モデルチェンジがない前提でここ最近の価格変動から予想すると、例えば5年後、順当にジワジワ価格が上がるとしたらA番で400万ほどでしょうか…。

10年後、2030年には500万いってるのでは…と思っています。

2030年には116500LNも製造期間14年。モデルチェンジの可能性も考えられます。

上の製造期間を見ても16520はここ最近では製造期間が短く、エル・プリメロ搭載などレア要素がありますのでもしかしたらもっと上がるかもしれません。

稀少なパトリッツィやP番などはさらに右肩上がりになるでしょう。

初期のR番L番などは言わずもがな…5年後10年後、このあたりはとんでもないことになってそうですね。

買ったとしても怖くて使えないですね…。

まとめ

ただの妄想話ですが、16520は値段が上がるポテンシャルをふんだんに秘めています。

レアモデルの宝庫であり話題に事欠きません。

勝手に値段が上がっていき、数年もすれば購入時よりも高く売れる(可能性がある)。

ステータス的な意味で買ってもいいですし、投資的な意味で買ってもいいと思います。

今後の値動きが非常に楽しみです。

300万の予算でデイトナを買うとしたら16520、116520、116500LNの何を買うか真剣に考えてみる。

【欲しい人必見】「ロレックス デイトナ 16520」使用感まとめ

【雲上?4桁?プラチナ?】ロレックス デイトナ 16520の次の時計を考える