今買いたいロレックス⑥ エクスプローラーⅠ 14270

今買いたいロレックス

最近、シンプルな時計にとても心惹かれます。

昔、着る服といえば柄があったり、主張がハッキリしている服が好みだったのですが今ではシンプルな服が多くなっております。

きっと時計の好みもそうで、シンプルなものに引っ張られているのではないかと思ってしまうほど、今そういう時計に心奪われています。

今、個人的にとても惹かれているのがロレックス「エクスプローラーⅠ 14270」 です。

正直その一世代前、「エクスプローラーⅠ 1016」にもかなり惹かれているのですが、1016に比べ手に入れやすい状況であったり、メンテナンス面など考慮して現段階では14270かなと…。

数々のロレックス スポーツモデルを使ってきた私が選ぶスポロレTOP3

こちらでも記載しているのですが、過去に一度「エクスプローラーⅠ 214270」を持っていたことがあります。

ですがサイズ感がどうしても性に合わず、あのシンプルな顔には39mmじゃない方が…!ということですぐ手放してしまいました。

スポロレの中では珍しい36mmの魅力をまとめてみたいと思います。

今買いたいロレックス① シードゥエラー16600

今買いたいロレックス② GMTマスターⅡ 16710

今買いたいロレックス③ デイトナ116520

エクスプローラーⅠ 14270とは

シンプルなデザインと高い堅牢性で人気のモデル、エクスプローラーⅠの第4世代。

1990年~2001年まで製造されました。

カジュアルにもスーツにも合わせられる汎用性の高さからも未だ人気の高いモデルです。

36mmサイズは一世代後の「114270」まで続きますが、現行モデルの「214270」はサイズアップし39mmとなっています。

36mmのサイズ感が良い、ということでも人気を博しているモデルです。

小ぶりな時計ってよくないですか?

14270と114270の違い

左から114270、14270、1016

この2つはデザイン的に大きな変更点はなく、正直パッと見では区別がつかないほど酷似しています。

文字盤やカラー、ロゴ位置なども大きな違いは無いのですが、違いはブレスレットとムーブメントです。

114270はフラッシュフィット一体型に変わっています。

フラッシュフィットとは?
ケースとブレスレットを繋ぐパーツを、ロレックスでは「フラッシュフィット」と呼ぶ。
一般的には、エンドピースや弓カンと呼ばれる。このパーツにより、ケースとブレスレットの接合部分のぐらつきが無くなる。
以前は、プレートを折り曲げた形状の、取り外しができる分離型であったが、2000年頃より無垢材の削り出しに変更され、ブレスレットと一体型になっている。これにより、強度・耐久性が向上し、ケースとの一体感も増した。

引用:watchpedia

これにより装着感、耐久性が増しより堅牢な時計へと進化しました。

ムーブメントが違う

14270から114270へとモデルチェンジを果たした2000年はロレックスのムーブメント製造技術が一気に向上した時期と言われています。

悲願の完全自社製クロノグラフ・ムーブメント搭載のデイトナ116520が誕生した年ですね。

今買いたいロレックス③ デイトナ116520

それに伴って内部機械のスペックが向上しました。

■14270…Cal.3000 振動数が毎時19,800から毎時28,800へと引き上げられ精度が大きく向上。
■114270… Cal.3130 テンプ受けがシングルからダブルブリッジになったことで耐久性が大きく向上。

目に見えない部分ですが、ずっと使えるタフネスさが魅力のロレックスにおいてはとても大事な部分です。

レアモデル ブラックアウト

サイズ感が同じ14270と114270ですが、ともにレアモデル「ブラックアウト」というものが存在しています。

ブラックアウトとは?
文字盤の数字「3」「6」「9」の部分に何も装飾が施されていない仕様のこと。
通常モデルには白い着色がありますが、ブラックアウトは白い色がありません。
14270には1990~2001年まで作られたうちの初期生産分(E番/X番)のみ。
114270でもV番でブラックアウトが発見されています。
14270のブラックアウトにも種類がある
「3」「6」「9」のメタル部分が剥き出しのタイプとブラックのラインが入っているタイプの2種類が確認されています。
当初は王冠マークのロゴなどのダイヤル表記がシルバーカラーだったということから、3つのタイプに分類されます。

1.メタル369(ライン無し)+シルバー表記
2.ブラックライン369+シルバー表記
3.ブラックライン369+ホワイト表記

市場では「シルバーレター」「ホワイトレター」という呼ばれ方をしています。

同じブラックアウトなら114270でもいいのですが、個人的には5桁が好きなので…

14270がいいなと思っています。

狙うモデル

狙うならばやはりロレックスの定番「最初か最後を狙え」でいきたいです。

そうなるとブラックアウトか最終P番ですね。P番は流通量が多かったとのことで、特別レア個体としては扱われていないようなのですが…

保証書有モデルを狙いたいです。

【よくある失敗】時計は保証書付きを買うべき理由

ブラックアウト・シルバーレター(E/X番)

【60回無金利26日AM1:59まで】 ロレックス ROLEX エクスプローラー1 ブラックアウト 14270 メンズ腕時計 ステンレス【中古】A品 【5万円以上(税込)で送料無料】

200万以下では無いですね…

調べてみたら5年ほど前の相場は100万円くらい。5年で倍とはさすがロレックスですね。

P番

ロレックス ROLEX 14270 P番 エクスプローラーI 時計 腕時計 メンズ 自動巻き SS 黒文字盤 ブラック エクスプローラー1 仕上済 送料無料【中古】【全品3年保証】 101430562

ブラックアウトと比べ大きく差がついています。

最終P番だからといって大きく値段が高いわけではないですね。

ブラックアウトに拘らなければ比較的手が出しやすそうです。

まとめ

一つは持っておきたいシンプルな時計。

その中でエクスプローラーⅠはとても良い選択肢だと考えています。

未だ人気の高い36mmはとても魅力的ですね。

いつか手にしたいと思っています。

安くロレックスを買えるお店超まとめ

複数本時計を持つメリットってなんだろう?

今買いたいロレックス④ デイトナ16520