時計を購入するための効率的な貯蓄方法を考える

時計

どれだけ時計を購入しようと、欲しい時計は尽きません。

あれを買ったら次は…と欲は尽きないものです。

そのためにどうやってお金を貯めようか、いろんな方法が考えられると思います。

皆さんはどのように欲しい時計を購入するための資金を貯めているのでしょうか。

無理なく貯めることが出来れば、なおかつ楽しんで貯められれば一番良いですね。

私が行っていること、考えられる方法をいくつかまとめてみました。

目標金額を設定する

まずは目標が定まらなければ具体的にイメージが出来ません。

例えば「ロレックス サブマリーナ 116610LN」が欲しいと仮定すると、並行店では今で大体140万円前後必要です。

2020.7.31現在

なんとなくキリが悪いので、運よく正規店で買えるとして定価の94万円、約100万円を貯めることにしてみます。

目標金額が設定出来たところで、手段を考えてみましょう。

毎月コツコツ貯める

一番確実なのがこれですね。しかし時間はかかります。

仮に1年で貯めようとすると

100万円÷12か月=約8.3万円

ひと月約8万円を貯めるのは結構厳しい…。

ボーナス分を加え、例えば夏・冬の2回10万円(計20万円)を貯められるとしたら

100万円-20万円=80万円

80万円÷12か月=約6.6万円

それでもひと月6万円以上は結構厳しいのではないのでしょうか…。

2年計画であれば

100万円-40万円(ボーナス2年分)=60万円

60万円÷24か月=2.5万円

ひと月2.5万円ならば現実的になってきた気がしますね。

出来る限り早く欲しい!というのでしたら頑張って貯める選択肢はありますが、無理しないのが一番です。

投資で貯める

一口に投資と言っても手段は様々です。

どれに投資すればいいのか、一番良い投資商品は何か、というのはその人の資産状況や目的によって大きく変わります。

時計を購入しようとする今回の場合は数十年後の老後資金に向けての投資、ではないので投機を考えるべきでしょうか。

投資と投機の違い

一般的に「投資」とは会社の価値やその会社が将来生むことができる利益などに、長期的な視野で資金を投じることをいいます。

「投機」とは機会に投じると書くとおり、短期的な値上がりのタイミングを狙って資金を投じることをいいます。

引用:ファイナンシャルフィールド

投機商品として挙げられるのは「株式投資」「仮想通貨」「FX(外国為替取引)」でしょうか。

(もちろん運用の仕方でその限りにはならないと思いますが)

こういったものは一攫千金、すぐにお金を手にできる可能性がありますね。

ですが損をする可能性も考慮しなくてはなりません。

私は長期的な投資は何件か行っておりますが、ギャンブル性の強い投機は以前、FXに手を出して大損をしてから一切やっておりません…

ギャンブルで貯める

これは「貯める」と言っていいのかわかりませんが、上手くやっている人はお金を貯められるようです。

私の兄は「以前は年間数百万勝っていた」と言っていたので不可能ではないと思います。

競馬、競艇、パチンコ、パチスロ、麻雀etc…

感覚に頼らず情報を集め戦略的にやればいけなくもないようですが、どうしても「負ける」というイメージが強いため、何か目的があってそのために、というのには向いていないでしょう。

大勝ちした時に、そのお金で時計を買うくらいのスタンスが一番いいのではないでしょうか。

時計投資で貯める

投資とはちょっと意味合いが違うので項目を分けました。

私の場合は時計を楽しみながら(使いながら)状況を見て売却を考えます。

【利益150万以上】失敗しない時計売却方法まとめ

売却せず貯金して欲しい時計が買えればいいのですが、なかなか難しいので…

そもそも時計の売却(買い替え)を考えず、貯金をして購入をする人には向いていない考え方ですね。

ちゃーー

こう言うと語弊があるかもしれないのですが、私の場合はあくまで売却前提で時計を購入するわけではなく新たに欲しい時計が出てきたときを想定して、売却して+-0(その期間楽しめるので結果としてプラス)か、少しプラスになるかも、という時計を欲しいモデルから選んで購入しています。

【よくある失敗】時計は保証書付きを買うべき理由

欲しいモデルが買えるかも、というのでロレックス正規店に寄ったりはしますが、売却前提の正規店マラソンはしないですし、その気力もありません。

出来る人はすごいなと思います。

まとめ

私は「毎月コツコツ貯金」と「時計投資」を並行して行っています。

時計投資が上手いことハマれば、想定よりも早めに時計を買える可能性が高くなります。

投資なども色々やってみたのですが、時計購入は無理のないゆっくりとしたペースで考えているので、これが一番性に合っていました。

あとは単純に投資などに興味が持てず、勉強する気力が湧かないというのも大きかったです。

趣味は無理ない範囲で楽しむべきもの。

それぞれの人に合った貯蓄方法で、憧れの時計を買いたいですね。

30代のうちに買いたい一生モノの時計 7選

【こう考えれば失敗しない】高い買い物をする時の6つのチェックポイント

【初めて時計を買う】人生で初めて時計を購入する後輩に本気でおすすめするとしたら